本文へスキップ

TEL.03-5454-1544/FAX.03-5454-1475
〒151-0066/東京都渋谷区西原2丁目12-6

(株)ノークは「未来創造」consultant・ノーク出版は「琴線に触れる」出版業

  • 【ノーク出版のHP】HTTP://norkpress.com/  にどうぞブックマークをお願い致します。
  • 長編時代小説「風浪の果てに」いよいよ3月13日発売です。
  • 弊社発行の書籍は「ノーク出版・ネットショップ」あるいは「ノーク出版ネットショップ」からお求め下さい。お得な特典がございます。弊社独自のショップは2つございます。
  • 株式会社ノークは「出版事業」の「ノーク出版」により一層力を集中し、大手出版業にない独自の格調高い書籍を出版してまいります。 キンドル版などの電子書籍も上梓して参ります。どうぞご期待下さい。

NEWS 平成29年も色々取り組んでおります。(弊社ブログ)

NEWS 長編時代小説「風浪の果てに」28年末ついに脱稿!!

NEWS 「夏の熾火」新聞書評、PDF① PDF② PDF③    

NEWS 短編時代小説・20連作「初音の裏殿」基本骨子構想中

NEWS 「空の如く」 取材進行中

NEWS 長編時代小説四季四部作「秋の遠音」取材・執筆現在進行

壮大な構想で描く幕末・維新長編時代小説。1200枚(400字詰め原稿用紙)書き下ろし
主人公沼崎吉五郎の存在を後世に残した吉田松陰、その短い生涯の結実「留魂録」を守り抜いた吉五郎の信義。三宅島の風浪に耐えて15年、その果てに何が……。
○○○○○○○○イメージ主人公沼崎吉五郎は、獄中の吉田松陰から「留魂録」を託され16年7ヶ月もの間「留魂録」を守り通し、松下村塾門下生・野村靖に手渡した人物である。
しかし吉五郎は、そんな「歴史」の枠に収まらない、自在な生き方を貫いた。
新門辰五郎、堀達之助、細谷銑十郎などの男達、京や芳、真沙などの女達。
作中全てに「生身の人間」の息遣いがいきいきとあなたに迫る。

長編歴史小説・「風浪の果てに」春吉省吾著/四六判上製(糸栞付) 584ページ
3,000円+税(送料無料)
今なら弊社ネットショップから予約頂くと「予約特価」でお求め頂けます。
https://www.nork.info/ あるいは
http://nork-hanbai.net/ からお求め下さい。どちらから購入されても同じです。
 

株式会社ノーク
ノーク出版

〒151-0066
東京都渋谷区西原2丁目12-6

TEL 03-5454-1544
FAX 03-5454-1475